会社案内

会社の沿革

昭和22年12月創立者、沖山明一氏が鶴見区生麦2-1-1に営業倉庫を開業する
昭和24年4月危険品の取扱いを始める
昭和38年6月普通倉庫として中区山下町279-1に山下埠頭倉庫が完成する
昭和40年6月沿岸荷役事業(当社構内河岸限定)の免許を受ける
昭和42年6月普通倉庫として8号倉庫が完成し、普通倉庫が8棟となる
昭和46年8月普通品倉庫の1号を危険品倉庫に仕様変更する
昭和52年5月当社株式の100%をキリンビール株式会社が取得する
昭和56年10月普通倉庫の3号が危険品倉庫として営業開始する
昭和59年8月危険品倉庫としてA号倉庫が完成する
昭和60年4月自動車運送取扱事業を登録する
昭和61年6月山下埠頭倉庫の一部を冷蔵倉庫に変更する
昭和61年10月生麦倉庫で毒物劇物一般販売業の許可を得る。
平成3年3月危険品倉庫(1号~4号)、普通品倉庫(5号)が鶴見区大黒町8‐1に完成し生麦から倉庫を移転する
平成5年10月大黒町倉庫に6号危険品倉庫が完成する
平成6年7月大黒町倉庫で毒物劇物一般販売業の認可を得る。
平成8年5月大黒町倉庫に7号危険品倉庫が完成する
平成12年9月大黒町倉庫に8号危険品倉庫と一般取扱所が完成する
平成13年1月物流センタ-が完成する
平成19年1月大黒町倉庫グリーン経営認証を取得する
平成19年3月大黒町倉庫6・7号倉庫にオムニリフターを設置する
平成21年11月当社株式の100%を株式会社日新が取得する
平成24年2月大黒町倉庫に危険物屋外貯蔵所が完成する
平成30年2月山下埠頭倉庫を解体し、横浜市へ返還する

会社の概要

社名鶴見倉庫株式会社
所在地横浜市鶴見区大黒町8-1
設立年月日昭和22年12月26日
資本金4000万円
営業品目①倉庫業(倉荷証券発券許可)
 危険品倉庫・普通倉庫・保税蔵置場
②港湾荷役事業(当社構内河岸に限る)
③第一種利用運送事業
取引銀行三菱UFJ銀行 鶴見支店

サイトのご利用にあたって

■ご利用にあたって

当ウェブサイトは、鶴見倉庫株式会社(以下、「当社」といいます)またはその代理人が管理・運営しています。
ご利用にあたっては、以下の事項に同意されたものとみなしますので、ご了承ください。


■免責事項

当ウェブサイトの情報・サービスについては、掲載時に入手可能な資料から当社の判断に基づき細心の注意を払って作成しておりますが、当社は、掲載された内容の正確性、確実性、有用性等について保証するものではありません。

利用者がこれらの情報をご利用になったことにより生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

当ウェブサイトに掲載された情報は、いずれも掲載した時点での情報であり、その後に予告なく変更されることがあります。


■著作権等・知的財産権について

当ウェブサイトに掲載されたコンテンツ(文章、写真、情報、商標、デザイン等)は、一部を除き当社に帰属します。

承諾を得ることなく、私的利用、又は、著作権法等により認められる範囲を越えてこれらを使用することを禁じます。